お知らせ

2021.11.15|単位県人会より

第70回おはら祭との交流イベント 渋谷からオンラインにて参加

令和3年11月3日

ご指導をいだたいた花柳糸之先生

 第70 回おはら祭は、コロナ禍で県外からの参加ができずに、渋谷・鹿児島おはら連として国立オリンピック記念青少年総合センター国際交流棟レセプションホールから花柳糸之先生(踊りパレード審査委員長)のご指導のもと、リモート参加となりました。
 10 月25 日のリハーサルで11 月3日の本番となり、渋谷・鹿児島おはら祭の揃いのハッピで9時30 分集合、10 時36 分には、長谷部健渋谷区長の挨拶でふるさとへの思いをこめて踊りましょうとエールをいただいておはら節、渋谷音頭でスタートしました。
 渋谷・鹿児島おはら祭実行委員会からは大西賢治副会長、幸福博本部長、審査委員長花柳糸之先生他4名の方々、渋谷区から長谷部健区長、斎藤竜一議長、薬丸義人副議長他4名の方に参加いただいてのリモート総踊りをふるさと鹿児島へ届けることができました。また踊りの最中、正面カメラ前に集まり、下鶴隆夫鹿児島市長の挨拶を画面越しに受けました。その後市長と同時に塩田康一鹿児島県知事も踊られる姿が拝見できました。
 12 時より第2部総踊りが始まり、12 時40 分まで一斉に踊り、初めての経験となりました。
 本場鹿児島市、東京事務所の皆様、花柳糸之先生、区長始め渋谷区の皆様、映像を担当して下さった現場の皆様、おはら祭実行委員会本部の皆様の支援、ご協力のもと、ふるさとを思いながら70 余名が楽しく踊れましたことに感謝の気持ちでいっぱいでした。
 来年は渋谷・鹿児島おはら祭が盛大に行われるよう、またふるさと鹿児島のおはら祭に参加できるよう、祈りながらリモートでの参加を終えました。

総踊りの様子

メニュー