お知らせ

2021.03.30|お知らせ

鹿児島市が友好都市豊島区とトップ交流(豊島区鹿児島県人会情報)

鹿児島市と豊島区は、友好都市としてセーフコミュニティを推進してきています。
昨年12月には、としまみどりの防災公園(IkesunPark)のグランドオープンセレモニーにも招待を受け参加しています。その12月23日に新しく就任された下鶴隆央鹿児島市長が、3月24日(水)に豊島区の高野之夫区長を表敬訪問されました。その訪問に、日頃から区長と懇意にされている豊島区鹿児島県人会(関東鹿児島県人会連合会名誉会長)の加治屋勇二会長も出席され、双方の友好の仲介をされました。

下鶴市長はまだ41歳の新進気鋭の若い市長です。鹿児島と豊島区の交流を積極的に進めて行きたいとして、鹿児島市のPRをされました。そして、4月24日から予定しているIkesunParkイベント再開には、昨年のオープニングセレモニーに引き続き、鹿児島市のブースを出すことも約束されました。
下鶴市長は学生時代を東京で過ごし、千歳烏山、その後池袋や駒込に住んでいたこともあり、思い出話でも盛り上がりました。

鹿児島市は渋谷区とのつながりも深く、渋谷鹿児島おはら祭も20年にわたり開催していますが、更に豊島区との連携も深め、首都圏で様々な活動を行い、PRを進めていく事としています。いろいろなイベント開催時には、ぜひ多くの鹿児島出身の皆さんにも参加して頂きたく思います。

メニュー